宗平の“ふぐコース”

    ふぐ刺し
ふぐ刺し
    とらふぐ      
とらふぐ
  

長崎五島列島・松浦から日本一の「とらふぐ(鷹ふく)」をお届けしています。

     

長崎直送の“ふぐ”は甘みがあり、しっかりとした歯ごたえを味わえます。先ずは“ふぐ”刺しを1,800円で、是非召し上がってみてください。自慢の“とらふぐコース”は6,000円です。

     

九州北西部の伊万里湾に浮かぶ長崎県鷹島町の外海は玄界灘に面しており、「ふぐ」の育成には最適な環境です。ここで育てられた「とらふぐ」は、その姿・肉質ともに優れ、市場においても日本一の評価を受けています。

     

「鷹ふく」とは

     

“ふぐ”のなかでも一番の高級魚といわれる「とらふぐ」。新松浦漁業協同組合は、この“とらふぐ”の養殖では、日本一の生産量を誇っています。

松浦市の自然の豊かな海で育てられた“とらふぐ”は、透き通った身の歯ごたえと上品な甘さなど、天然物にも負けない味わいを持ち、「鷹ふく」として九州各地から関西・関東まで、広い範囲に出荷されています。

“ふぐ”は昔からその名の通り「福をよぶ魚」として大変喜ばれており「鷹ふく」は「長崎県適正養殖業者認定制度」の認定を受けた生産者を中心に、丹精込めて育てた「安全・安心」な養殖“とらふぐ”として、皆様に福を運びます。

当店では、この「鷹ふく」を自信をもって提供しております。

刺身―長崎五島列島直送の魚

    ごんあじ
“ごんあじ”
  

宗平と言えば長崎五島列島の魚料理が有名。漁師が朝捕った“あじ”、“さば”等新鮮な魚を召し上げれます。

   

何が盛り込まれるかは漁次第です。

     

ごんあじ

     

長崎の五島灘に生息する瀬付きの“マアジ”で、小魚や小エビを食べているのでとてもマッチョなボディ!

     

その中でも250g以上のサイズで、体が黄金色に輝いているもののみを「ごんあじ」と呼んでいるのです。

    

漁獲された“ごんあじ”は、海上生簀に移され、1週間程度餌を与えずに活かしておきます。

     

こうすることで自分の体に蓄えていた脂を使おうとし、身全体に平均して脂が乗るため牛肉で言えば「霜降り」の状態になります。また、しばらく活かしておくことで、魚体は本来のハリやツヤを取り戻します。

“ごんあじ”はこの「活かし込み」という独自のステップを踏むことで、青魚特有の臭みが少ない、身の締まった魚へと生まれ変わります。

      
   

このページの上に戻る

inserted by FC2 system